炭水化物を納豆に置き換えダイエットで体重18kg減量に成功した体験談

炭水化物を納豆に置き換えダイエットを実践した女性の口コミ体験談となります。

自分が着たいと思う服が着られるようになったのがとっても嬉しい!

納豆置き換えダイエットの成功談

  • 30代女性
  • 体重マイナス18キロ、ウエストマイナス10センチ
  • ダイエット期間:1年
  • ダイエット費用:納豆代約1万8,000円
スポンサーリンク

ダイエットをしようとしたきっかけ

彼と一緒になって食べていたら、彼は身体を動かす仕事をしていたので、食べても太りませんでしたが、私はみるみるとお肉がついていきました。

食後はアイスクリームを必ず二人で食べ、なければ夜中でも買いに出かけていました。そんな生活を続けた結果、もう元に戻れないくらい、太っていました。

今まで着ていた服が、全く着られなくなってしまって、服を全部、新たに購入しました。お金もかかりますし、大きいサイズの服は可愛い服がなかったのが悩みでした。

マタニティーの服なら可愛い服もあり、何度か買いに行きましたが、店員さんに何ヵ月ですか?と聞かれたときは本当に恥ずかしかったです。

それからまわりの目を気にするようになってしまって、益々、外に出る機会が減ってしまいました。動かない分、また太るという悪循環に悩んでいて、ダイエットを決意しました。

失敗したダイエット

ジムに行き、ダイエットに挑戦しましたが、忙しいのと面倒なのとで、行かなくなってしまいました。

ダイエットを成功して嬉しかったこと

たくさんありますが、自分が着たいと思う服が着られるようになったのが一番嬉しかったです。

いつもお腹まわりやおしり、足を気にして、全体を隠すような服しか選ぶ事ができなかったので、何も考えず、色やデザインだけで服を選ぶのがこんなに楽しいんだと、何年振りかに思いました。

人の目も、全く気にならなくなり堂々と歩くことが出来て外に出る機会もかなり増えました。

炭水化物を納豆に置き換えるダイエットを選んだ理由

毎日、炭水化物をかなり食べていたので、炭水化物を抜くだけでかなり効果があるのではと思いました。

納豆が大好きなので、ご飯のかわりに、納豆を食べれば、体にも良いですし、お肌やお通じにもいいのではと思いはじめました。

今までは、彼が納豆を好きではないので、食べるのを我慢していたのですが、ご飯のかわりになるのは納豆しかないと思い実行しました。

痩せた以外のダイエットの効果

痩せた事で、ちょっとの事で息切れしたり、疲れたりすることがなくなりました。夜も良く眠れるように。

納豆置き換えダイエットの方法

いつも食べてるいるご飯を納豆にかえるだけの簡単なダイエットです。

おかずは何を食べてもOKというルールを自分でつくりました。焼肉や揚げ物、カロリーが高いものも普通に食べました。サラダやくだものだけでは続かないことがわかっていたので。

外食に誘われたら断らずに行き、そのときだけは炭水化物も食べることにしました。

間食はいっさいやめました。

私はお酒が大好きなので、お酒はOKでジュースはダメと決めました。

炭水化物を納豆に置き換えダイエットの注意点

あまり、自分にプレッシャーをかけないようにしてください。おかずは我慢せず、カロリーの高いものも食べて栄養を補ってください。

あとは、とにかく歩きました。車を持っていましたが、歩いていける範囲では、車は使わず、歩いていき、バスに乗るときも早めに家を出て、1つ先のバス停まで歩きました。

納豆置き換えダイエットのメリット

ご飯を納豆にするだけなので、お手軽で簡単にできました。予想通り、お肌の調子とお通じも良くなったのでラッキーでした。また生理不順だった私が、毎月決まった日に生理が来るようになり、納豆のパワーに驚きました。

納豆置き換えダイエットのデメリット

デメリットはほとんどなかったのですが、大好きな炭水化物の置き換えにしては、やはりボリュームがなく、きちんとダイエットを始めるまで何度も挫折してしまいました。

一日に納豆を何パックも食べ、なんとか開始することができました。

過去太っていた自分に伝えたいこと

そこのおデブさん、痩せると世界が全然違うよ。何も努力しないで食べてばかりのあなたは醜い。少し努力して頑張ってみたらどう?と声をかけたいです。太っているときは、痩せなきゃと毎日思っていましたが、実行することがなかなかできませんでした。

今はなぜ、もっと早くダイエットしなかったのかと思います。努力は必ず報われると教えてあげたいです。

納豆置き換えダイエットまとめ

我慢ばかりではストレスは溜まる一方で、突然たくさん食べたくなり、一度食べると、とまらなくなってしまう可能性があります。

たまに仲の良い友人と食事をして、リフレッシュしながら、その時だけは我慢せずに炭水化物をとると、それほどストレスを感じずに、続ける事ができます。

こんな人におすすめ

炭水化物を食べすぎの方にはおすすめしたいです。納豆ではなく、何か違うものに置き換えも可能ですし、自分の好きなもので、健康的になってほしいと思います。

おすすめしない人

意志が弱い方は途中で挫折したり、どか食いしてしまい、リバウンドしてしまう可能性が高いのであまりおすすめ出来ないと思います。