筋トレして1ヶ月で腹筋が割れた男性のダイエット成功談

筋トレで1ヶ月で腹筋が割れてシックスパックになった男性のダイエット成功談です。

筋トレでシックスパックのダイエット成果

  • 20代男性
  • 1ヶ月で腹筋が割れた!
  • ダイエット・筋トレにかかった費用:20,000円

太って自信がなかった自分が、筋トレで痩せてシックスパックになった事で自信がついたしオシャレだね!と言われるようになりました。

スポンサーリンク

筋トレをしようとしたきっかけ

太っていると、外見的にだらしなく見えてしまうため、友達や家族などから、「痩せなよ」などと言われ、自分自身に対してあまり自信を持てなくなっていました。

オシャレをしようとしても、流行りの服がどうしても似合わなかったり、自分なんかがオシャレしたところでどうなるんだ、という考えをしてしまっていて、素直にオシャレを楽しめなかったです。

もともと運動神経があまり良い方ではなく、学生時代の体育の成績も悪かったので、運動自体が好きではなかったのが痩せられなかった一番の原因だと思います。

食生活の面でも、脂っこい食べ物ばかりを食べたり、野菜を毛嫌いしてまったく食べようともしなかったりしました。食事と運動のどちらにもあまり気を配ろうとせず、なにも考えずにただ太りました。

男なので、一度は腹筋を割ってスレンダーなボディに仕上げてみたい…!と思い本気で筋トレをしてみようと決意しました。

過去に、アボカドダイエットをやってみた事がありましたが、全然続きませんでした。

筋トレで腹筋が割れて嬉しかった事

オシャレをしたかったけど、太っていたから諦めよう、と考えていた過去の自分とおさらばして、着たいものを躊躇せずに積極的に着れるようになりました。

オシャレに無頓着で周りの人間から、オシャレだね!なんて一回も言われたことがなかったのに、Tシャツにジーパンだけでも、オシャレ!なんて言われるようになってとてもうれしかったです。

ぽっこり出ている格好悪いお腹では、街を歩く時にも、お腹を気にしてあまり堂々と歩こうという気になれないということも前はありましたが、今は堂々と自信を持って街を歩けます。

周りの女子から、すごい筋肉だねえ!などとほめられるようになり、とてもいい気分を味わうことができました。

ダイエット方法で筋トレを選んだ理由

Youtubeで、ダイエットにはランニングやマラソンなどの過酷な有酸素運動よりも、太りにくい身体を作る筋トレの方が、有酸素運動に比べてはるかに効率的に痩せる事が出来るということを知りました。

また、筋肉がつくと、毎日の日常生活て消費されていくカロリーを増やす事が出来るということを解説している動画を拝見してやってみようと思ったのがきっかけです。

筋トレを実践してみて感じたメリット・デメリット

筋トレのメリットは、自分自身の体に筋肉をつけ、太りにくい身体を作ることで、日常生活の消費カロリーが増えるので、ある程度は暴飲暴食しても、太りにくいというところが良かったです。また、見た目がとても良くなるので、友達に自分の身体を自慢できます。

筋トレのデメリットは、ジムや、食費にお金が多少なりとかかります。
特に、食費ではプロテインやタンパク質がよく摂取することができる鶏胸肉などをよく食べなければならないので、それに対する食費がかさむことが、特に多いと思います。

筋トレダイエットのやり方

一週間に一回、ジムに足を運び、1時間だけ、休むことなく自分のだせる全力で筋トレをしていきました。

さらに、筋トレが終わった後には必ず、プロテインや鶏胸肉などで、壊れた筋繊維を修復させるために、タンパク質を積極的に摂取することが大切になってきます。

プロテインは、今ではたくさんの味から選べるので、飲みやすいものから選ぶと良いです。筋トレをすると、どうしても身体自体にストレスがかかるため、どんなやり方でやっても、筋肉痛が必ずといっていいほど体に訪れます。
これらを、最小限にとどめるために、筋トレが終わってから30分後までには、タンパク質を摂取するように気をつけています。

過去の太っていた自分に伝えたいこと

太っていてもいいことなんかひとつもありません。自分の身体は自分で管理するという事が、当たり前だということに気づけていなかったのだと思います。

筋トレを始めれば、自分に対して自信がつき、周囲の人とも外交的に躊躇せずに話ができるようになるでしょう。少し辛いですが、その分、得られるものはとても大きい!是非努力してほしいです。

筋トレでダイエットのまとめ

この筋トレダイエットなら、老若男女問わず誰にでもおすすめできます。
体質改善だけに効果を発揮するのではなく、外見的にもとても魅力的に見えるようになるからです。

逆にこんな人はおすすめできない

筋トレはとても辛いので、長い目でみて、少しずつ痩せていこうという考え方の人にはあまりおすすめできません。

筋トレは毎日なんてしなくてもいいので、休みの日の午前中にでもしていただいて、一回行ったら一週間休む!といった方法で行うと身体的にも、精神的にも、楽に取り組む事が出来るのでおすすめです。
鍛えた後にはタンパク質を30分以内に摂取するという事を、忘れずに行うようにしてください。筋肉痛を和らげ、筋肉をより大きくする事が出来ます。